2013年9月アーカイブ

読書の秋

| トラックバック(0)
図書館から借りた湊かなえの二作品を読み終えました。
『境遇』と『母性』です。
先週の土曜に借りて木曜で2冊を読了。
私として良いペースですね。
作品が面白かったかと言うと、ちょっと疑問ではありますが。

それでも、『境遇』は面白い部類ではありますね。
テレビドラマ化されただけの事はあります。
読みやすかった事も確かです。
4日前の日記に「何となく先が読めそうですけど」と書きましたが、
本当に読み通りの展開でした。
何となく湊かなえらしからぬ作風とも言えます。

それに対して『母性』は、これぞ湊かなえ作品と言った内容ですね。
こんな作品を好んで読む人の気が知れません。
死が怖いのが当然なのに、自殺する人と同じで私にはよくわからないんです。
私は作家にターゲットを絞って読んでいるので、
同じ作家にものなら選ばずに読みますが...。

これで湊かなえの既刊本11作品のうち10作品を読了しました。
正直、湊かなえの底が見えて来たような気がします。
それでも、もう少し読み進めて行きましょうかね。

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31