ペットの最近のブログ記事

考察

| トラックバック(0)

テレビがあった頃と無かった頃では、書物の『役割』も随分と違っただろう。
なんてこと、思う。

同じストーリーでも、読み聞かせとアニメDVDでは違う印象があるよなぁー。

その違いが、どんな影響を与えるのか?とゆー点につきる。



血の匂いを初めて知ったのは、いつだったかな?
肉に刃が、ずぶずぶと食い込む感触は?
その首をしめて、痙攣しながら口をパクパクさせている姿、相手の体温は?

なんて文例。
人によっては、グロかもしれないね。

未体験・未経験だとしたら、想像するわけだがー。

子どもは、何を想像するだろうね?



いずれにせよ、何らかの形で世の中の不思議・不条理・不可解を教えねばならないし。
それに対して、どのように『折り合い』をつけるか、学ばねばならないわけで。

マイルドな表現の絵本もツールのひとつ。
使う方々の使い方次第ってことになる。



婆汁って美味しいのか?
と、ガキの頃から疑問。
学校で教えてくれることでも無かった。
高校生くらいになって、ようやく結論に辿り着いた。
一般的には、美味しくないと思うよ。狸の調理スキルは考えなくとも。
気になったのは、婆汁を旨い旨いとたいらげた爺さんだが...。

相変わらず、こーゆーことを考えるのが好き(笑)
先週まではインターネットファックスのことばっかだったのにね。

一寸暗い話

| トラックバック(0)
今は自然に結婚したくなる状況じゃないと思う。
あんまり楽観的になれないものね。

一部の人にしか
仕事や収入を得る機会に安定感がないし。
それが当たり前というなら子供は減るだろう。
それでますます国はしぼむだろう。

労働者をロボットに置き換えられたとしても
納税者にはなってくれない。
日本人が子供を生み育ててくれないと
あとは移民を受け入れるしかない。

結婚が減るのなら
コストの折半以上のものを結婚に求めてるってことなんだろうし
単純に出会う機会を増やしただけで
子供が増えるとも思えない。
基金が、うまく機会を増やせるかも疑問。

税金を使うならもっと正攻法でじっくり景気を良くして
保育園と学校教育の質をあげて欲しいけど
日本は政権がコロコロ変わるからなあ。

結局、有権者の移り気と無関心が根本的な問題ではない?

なんか難しい話になっちゃいましたけど、
というか自分で見てて恥ずかしいぐらい稚拙な文章ですが
せっかくセレナを買ったのだから、どこかにぱっと出かけたいな。

読書の秋

| トラックバック(0)
図書館から借りた湊かなえの二作品を読み終えました。
『境遇』と『母性』です。
先週の土曜に借りて木曜で2冊を読了。
私として良いペースですね。
作品が面白かったかと言うと、ちょっと疑問ではありますが。

それでも、『境遇』は面白い部類ではありますね。
テレビドラマ化されただけの事はあります。
読みやすかった事も確かです。
4日前の日記に「何となく先が読めそうですけど」と書きましたが、
本当に読み通りの展開でした。
何となく湊かなえらしからぬ作風とも言えます。

それに対して『母性』は、これぞ湊かなえ作品と言った内容ですね。
こんな作品を好んで読む人の気が知れません。
死が怖いのが当然なのに、自殺する人と同じで私にはよくわからないんです。
私は作家にターゲットを絞って読んでいるので、
同じ作家にものなら選ばずに読みますが...。

これで湊かなえの既刊本11作品のうち10作品を読了しました。
正直、湊かなえの底が見えて来たような気がします。
それでも、もう少し読み進めて行きましょうかね。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちペットカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはネットです。

次のカテゴリは仕事です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31